カテゴリー別アーカイブ: 未分類

外壁塗り替えの手抜き工事の被害を防ぐには

テレビや各種メディアでも数多く取り上げられていますが外壁塗装業界は悪徳業者がとても多いといいます。

店頭で販売されている商品の場合、数百円のモノでも不備が有るとたちまちクレームになります。

しかし外壁塗装工事の場合は数十万~数百万円もするのに公然と不正が行われてその多くが気づかないか泣き寝入りとなっています。

とても不可思議な業界なのですが、そのわけは塗料が半製品と言われる所以に有ります。

缶に入っている塗料の状態では製品として不備があればクレームも言えます。

しかし塗料本来の性能を完璧に発揮できるかどうかは工事に携わる人の技量に大きく左右されます。

いくらグレードの高い塗料を使っても工事作業員の技術が未熟だったり、手抜き工事をする事によって塗料本来の性能を発揮する事は難しいのです。

そして家の塗装業界では塗料を目分量で適当に薄めたり、ごまかしたり位は日常茶飯事なのだそうです。

そしてその事を再塗装が完成した外壁から見抜く事はほぼ無理です。

それでなのかご近所のお宅も先日まで外壁塗り替え工事をやっていたのですがその家のご主人が始終家の外に出て塗装作業を1日中、見ておられました。

声をかけるとやはり手抜き工事をされないか心配なのだと言ってみえました。

そうやってそのご主人の様にずっと見張るヒマが有れば良いですがほとんどの方は仕事があったり用事があって、ずっと見張っているのは無理だと思います。

ではどうやったら手抜き工事を防ぐ事ができるでしょうか。

いくら手抜きを見破っても工事業者が言い張れば手抜きを立証するのは難しく、弁護士に頼むのも更にお金がかかる為、その多くが泣き寝入りとなってしまいます。

外壁塗り替えの手抜き工事の被害を防ぐには工事会社がしっかりした団体の保証制度に加入しているか若しくは最初の工事会社選びにかかっていると言っても良いでしょう。

少なくとも最初の見積もりの段階で必ず複数社を比較して工事会社を決めるのが絶対条件となります。

家の外壁塗装が参考になると思います。

信頼できる工事会社を選んで納得のいく外壁リフォーム工事を行ってくださいね。

女性特有の病気に備える保険

女性が早めに入った方が良い保険に女性特有の病気に備える保険というのがあります。
女性特有の病気には帝王切開や切迫早産、妊娠中毒症、卵巣のう膜、子宮ポリープ、子宮筋腫などが含まれます。
妊娠してからや病気になってから保険に入るのでは遅いのです。
生命保険や医療保険に特約として付けられる、女性疾病入院特約というのがあるのでこれを利用するのも良いですし予めセットになった女性専用医療保険に加入するのも良いでしょう。保険会社から保険に加入するなら保険会社にまずは電話をしなければなりません。加入したい保険会社が決まっているならその会社へ電話をします。
すると近くの営業所から保険外交員が来てくれるのでその人に相談します。
もし加入したい保険会社が決まっていなければ保険相談をおすすめします。
保険相談にもいろいろありますがファイナンシャルプランナーが相談にのってくれるところが良いでしょう。
ファイナンシャルプランナーの無料保険相談